International Strategy for Disaster Mitigation —ISDM— 東北大学 - 国際防災戦略研究室

学会発表 2021-2025 2022年8月10日現在

  • 加藤春奈, 村尾修:

    東日本大震災後の名取市閖上地区における新規居住世帯の居住環境評価,
    地域安全学会東日本大震災特別論文集 No.11,

    地域安全学会,9-12,2022.8

  • 加藤春奈, 村尾修:

    東日本大震災前後の名取市閖上地区における居住環境評価アンケート結果報告,
    地域安全学会梗概集, No.50,

    地域安全学会,125-128,2022.5

  • 東野幹久, 村尾修:

    東日本大震災復興事業に基づく津波被災前の高台移転による被害軽減効果 -宮城県女川町をケーススタディとして-,
    地域安全学会梗概集, No.50,

    地域安全学会,129-132,2022.5

  • 藤原叶多, 村尾修:

    500mメッシュ地理空間情報を用いた21世紀日本全土の居住地災害リスク,
    地域安全学会梗概集, No.50,

    地域安全学会,11-14,2022.5

  • 杉安和也, 村尾修, 福留邦洋, 加藤春奈, 北澤岳:

    福島県における東日本大震災被災地での復興関連モニュメントの整備傾向分析,
    地域安全学会梗概集, No.49,

    地域安全学会,47-50,2021.10

  • 村尾修, 加藤春奈, 杉安和也, 福留邦洋, 北澤岳:

    2011年東日本大震災に関する災害対応の都市・建築空間データベース,
    地域安全学会東日本大震災特別論文集 No.10,

    地域安全学会,29-32,2021.8

  • 加藤春奈, 村尾修, 坂口大洋:

    名取市閖上地区における戸建て災害公営住宅の住まい方と課題,
    地域安全学会東日本大震災特別論文集 No.10,

    地域安全学会,19-22,2021.8

  • 東野幹久, 村尾修:

    陸前高田市における事前高台移転の被害軽減効果,
    地域安全学会東日本大震災特別論文集 No.10,

    地域安全学会,23-28,2021.8

  • 東野幹久, 村尾修:

    津波被災前の高台移転の有益性に関する研究 -陸前高田市をケーススタディとして-,
    2020年度日本都市計画学会東北支部研究発表会発表要旨集,

    日本都市計画学会,23-24,2021.2.27

  • 村山勝哉, 村尾修:

    日本大震災における災害公営住宅の課題整理と需給不均衡の発生実態に関する研究,
    2020年度日本都市計画学会東北支部研究発表会発表要旨集,

    日本都市計画学会,41-44,2021.2.27

  • 山田滉人, 村尾修:

    ヤンゴンにおけるスラム地区の居住環境実態調査と災害に対する脆弱性軽減策,
    2020年度日本都市計画学会東北支部研究発表会発表要旨集,

    日本都市計画学会,45-48,2021.2.27

  • ガルシアフライ・マーティン, 村尾修:

    インドネシア・メラピ火山噴火による移転後生活再建のための郊外地域開発過程,
    2020年度日本都市計画学会東北支部研究発表会発表要旨集,

    日本都市計画学会,25-42,2021.2.27

問い合わせ

Contact

アクセス

Access

 
 

東北大学災害科学国際研究所
災害人文社会研究部門
国際防災戦略研究分野
村尾研究室

〒980-8572
仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学災害科学国際研究所棟 S402
TEL/FAX:022-752-2125